健康のため、野菜用洗剤を使ったほうがいいのかな

野菜用洗剤というと、真っ先に思い浮かぶのが、中国の人たちが自宅で洗剤を使って野菜を洗っているニュース映像です。中国では使われている農薬の種類も量も日本とはけた違いに多く、お店で買ってきた野菜をそのまま食べることはあまりせず、まず野菜用洗剤で念入りに洗うのだそうです。日本では考えられない光景だな、と呆れながら見ていたものですが、最近気になるニュースを聞きました。何でも、日本の野菜は安全だと思われているが、実は使われている農薬の量がかなり多く、ほとんどの人がそれを知らずに消費しているのだそうです。日本に来る外国人観光客の中には、日本の野菜は農薬まみれだから滞在中はあまり食べないようにする方が良い、と忠告までされる人がいるのだそうです。国産の野菜は安全だと思い込んでいただけに大きなショックでした。これからは日本国民も、中国と同じように野菜用洗剤を使ったほうがいいのではないかと思っています。

野菜用洗剤を調べてみると、原材料の産地が不明なものもありますが、ほとんどは陸奥湾のホタテの貝殻を使用したものであるらしいです。PHの値も様々ではありますが、農薬を野菜から引きはがす値としては十分なものばかりでした。野菜から農薬を除去するというからどんなものを使っているのかと思いましたが、ホタテの貝殻100%のものが本当に多く、安心しました。日本の野菜は安全であるという神話がずっとまかり通っていますし、これまで深く考えずに口に入れてきましたが、ずっとそのままでいるといつか体調を崩すことになるかもしれません。日本の野菜が農薬まみれ、という情報が、どこまで本当なのかわかりませんが、外国人に警戒されているのは間違いないようで、本当に驚きます。野菜の安全性が確保されるまで、神経質なようでも野菜用洗剤を使用し、家族の安全と健康を守りたいと思います。
野菜を洗うための洗剤が発売!これで残留農薬の心配もなし